Petcabin

電話:受付時間: AM 10:00 〜 PM 3:00
MENU

 

特集ページ


■猫のお腹の健康とサプリメント


昨今、猫ちゃんの寿命は大変延びてきました。しかし、それに比例するようにお客様からご相談を受けることも多くなりました。その一番多いご相談が「便秘」です。
若い時にはそんなことはなかったのに10歳を超えるくらいから一気に便秘に関する相談が増えるのです。早めに気づくお客様でも、「最近、ウンチがコロコロでかなり出しにくいみたいなんです」という程度で、実際、どれくらい前から便秘になり始めたのかもわからないという場合が殆どです。腎不全等の様子はまだ見えないにしろ、このような症状はかなり多くの老猫には見られるようです。

お客様に更に詳しくお話をお伺いすると、それ以前にも確かに変化は見られたのです。それが以下の内容でした。

●ウンチの前には必ず部屋を駆け回ってからトイレに入る。

●ウンチが出ていない日はフードを食べても吐き上げることが多かった。

●オシッコは毎日きちんと出ていても、ウンチは余り出ずにトイレで何度も力んでいることがあった。

●最近、急に口臭がきつくなった。

●色々欲しそうにするが実際に食べる食事の量が減ってきた。

●そういえば・・・トイレ掃除の際に最近は長いウンチを見ることがなかった。

●よく食べる割にウンチが少ないと思っていた。

●最近、ゴロゴロ寝てばかりいて余り動かなくなった。

●避妊・去勢の手術はしていないのに最近急に下腹が出たと思っていた。


そして、そんな猫ちゃんのお世話をする多くのお客様のご要望からお腹の健康の為のサプリメントを以前からお世話になっている獣医師に依頼し製造して頂きました。

このサプリは便秘でご相談を頂いた猫ちゃんの飼い主様にご協力頂いて臨床を行いました。
使用成分等はサプリの詳細をご覧頂ければお分かり頂けると思いますが、全て安全な材料から作られています。

当初、加齢により腸の蠕動運動能力が低下した猫ちゃんの為に食物繊維を多く含むサプリメントを作りました。
しかし、単に水溶性・非水溶性の食物繊維のサプリメントを加えただけでは排便がスムーズにいかない猫ちゃんもかなり多かった為、次に加えられた成分が消化酵素を始めとする複数の酵素類です。
この成分が加わった理由はお客様の多くから「高齢用の食事を与えていても吐き出してしまう」声が多かった為です。
精密検査をしても、特にはっきりした原因は見あたらず、単純に毛玉が溜まっているのではないかと言われたが、毎日手入れも行っている上、吐いたものにも殆ど毛は含まれていないという内容が多かったのです。

このお客様からのご報告で思い当たることが幾つかありました。
特に多かったのは「高齢用のドライフード」を与えているという方が圧倒的に多かったのです。殆どのお客様が高齢の猫の為にと病院や専門店で販売されているプレミアムフードを与えておられたのにです。

多くの方が何の疑問も持たずに毎日与えているドライフード。これら加工食品は栄養的なバランスは十分に考慮された食事です。
しかし、製造の過程で必ず高温殺菌が行われます。出荷時には残存する菌量を検査されるからです。
多くのプレミアムフードが確かに必要な栄養素の条件は満たすように作られてはいるのです。
しかし、満たされているのは「栄養素」だけで、体に必要な酵素にまで配慮のなされたフードは多くは出回っていません。
更に加工食品には多くの化学合成添加物が含まれるわけですが、これらを排出する為に多くの酵素が使われてしまうのです。

昨今ではこの「酵素」の働きについて、ようやく研究が進められるようになりました。それまで「酵素は蛋白質から出来ているから、蛋白質を食べれば勝手に酵素は出来る」と考えられていたのです。しかし、昨今の研究により「一生に作られる潜在酵素の量は限定されている」という意見が一般的となりました。

「酵素」と聞いて、詳しい情報が浮かぶ方はかなりマニアな健康おたくの方だと思いますが、一般の方は洗剤などに使われている酵素などを思い出すのではないでしょうか?確かにそれも酵素の持つ一つの能力には間違いありません。
しかし、体内の酵素の役割はもっと複雑です。体内酵素は食物を消化するだけではなく、様々な免疫システムや代謝機能と大きな関わりがあることがわかっています。例えば、呼吸や心臓の拍動、体を動かす為の筋肉の動きなど・・・ありとあらゆる生命活動は酵素反応により営まれているのです。これは人間も他の動物も同じです。酵素がなくなった段階で生命活動は停止してしまうのです。

これら酵素の役割が理解されつつある昨今、ペット先進国である欧米の獣医師やペットの専門家は以前にもまして消化酵素のサプリメントを毎日の食生活に不可欠な材料として勧めるようになりました。
また研究が進むにつれ、昨今の研究では体外から酵素を取り入れることが可能であることが分かりました。しかし、体外から取り入れた酵素が、そのまま潜在的に存在する酵素と同様に使われるわけではありませんが、摂取した酵素は体内にある潜在酵素をよりよく働かせる為の触媒の役割を果たすことがわかっています。
結果的に体外から取り入れた酵素が体内の潜在酵素を活性化させることにより新陳代謝があがり、内臓の機能向上を促し免疫システムも向上させてくれるというものです。

このように、健康であれば普通は食事を摂取することで、体内の酵素の働きにより様々な形で栄養を体の為に還元することが可能なわけですが、加齢により酵素の生産能力が低下したり、体内の潜在酵素量が減ってしまうと折角摂取した栄養もフルにつかいこなせなくなってきます。それが代謝異常や排泄障害という形で現れることもあるのです。

その為、調理した肉や野菜を与える方もおられますが、猫の多くは食べ慣れないものは警戒してなかなか食べてくれないこともあります。
このような場合は食事の他に酵素サプリメントを足して頂くことで、毎日の生活で消耗していく酵素を補うことができます。
このような経緯から獣医師は猫の為に単なる便秘サプリという域を超えて、潜在酵素を活性化させ、腎臓のケアにも配慮されたサプリメントを作りました。ただ、毎日の水分摂取が少ない猫ちゃんの場合はやはり便も硬くなりがちですので、いつでもきれいなお水は飲めるようにしてあげて下さい。

また、このサプリメントで便秘の初期階なら排便状況が改善される猫ちゃんが多いのですが、中には巨大結腸症や長い間、便秘症状を繰り返すうちに、何度もグリセリン浣腸や摘便を行った結果、既に腸が弛緩しきってしまった猫ちゃん場合にはお役に立てない場合もございます。他にも単なる便秘だと思っていたら、実は腸内に腫瘍が出来ていて、その腫瘍が便の排出を妨げていたという場合もありましたので、サプリメントをお試しになると同時に毎日の食事にも配慮して頂き、それでも便の状態が変わらない場合は病院にて精密検査を受けて頂くことをおすすめ致します。

↑ PAGE TOP